家族・地域が商売の原点

今の時代、家族のつながりが無くなっているように感じます。

お盆が来ると、つくづく昔と違うなと思います。

主力産業の農業・漁業が、時代と共に変わり生活感が無くなっていて、

地元は、若い人が町の方に出ていき年配の方ばかりが住んでいます。

そのため子供がいない寂しい田舎となり、あと10年も経つと

どうなるか考えると寂しくなります。

若い人が家を出たら、その子供(孫)は故郷がありません。

実家は「お父さん」の家です。

世代を繋いでいかないと故郷は存続しません。

お盆に故郷に帰って来て盆踊りに参加する人も少ない。

この時代の変化で家族という繋がりが薄れてきているのでしょう。

インターネットが普及して、時代の移り変わりが激しく

この時代の速さに年寄りが付いていける訳がありません。

家族という考えを日本人としてずっと繋げていきたいと思います。

私は、会社を経営して23年になります。

自分ひとりで始めた会社が今では二人の息子と30名の

スタッフの人に囲まれて仕事をしています。

ここまでになれたのも、この田舎で育った風習と、

家族の繋がりの考えがあったお陰ではないかと思います。

働くスタッフも地域の人で学校・家の用事などがあったら優先させています。

この地域、

家族があって本当の商売がうまれるのです。

これからも地域に根ざして商いをして

行きたいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。