お客さんは大切な友人

営業が嫌いだった。

でも、お客さんは大好きだった。

だから、売る側と買う側、どういう関係性がいいのかわからなくなった。

お客様は神様で本当にいいのだろうか?

それとも殿様になったほうがいいのだろうか?

ずいぶん悩んだ。世の中の常識と自分の感覚はずいぶん違う。

だから、凄く迷った。自分の感覚のほうを信じるのは、勇気がいる。

それでも自分の感覚を信じて「お客様は大切な親友」だと思って仕事していたら、

なぜか突然すべてがうまく流れ始めた。営業も大好きになった。

大好きな人と、わざわざ戦う必要なんてない。

大好きな人を神様にする必必要なんてない。

お客さんは、仕事を通じて一緒に人生を生きていける、人生を共有している、

大切な友達の事を思うように、お客さんのことを真剣に想うから、

本当に価値ある仕事を作ることができ、自信を持って提案することが出来る。

そう考えて仕事をしてみると、どんどんやるべきことや、やりたいことが溢れてきます。

一緒に人生を生きている、人生を共有している、大切な親友のことを想って、

今日も必死に考え動き続けます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。