作り出す

いつも同じやり方をしていたら、コツを掴み技術は取得できますが、

それでは、本当の仕事は望めません。

常に何かやろうと一歩先のことを考えて、

仕事を「作り出す」ことで本当のお客様ができるのです。

それには、お客様から喜ばれる仕事を見つけ出し、

お客様との関係を深めて行くことです。

喜ばれる仕事を勘違いして、お客様の要望のみ対応していてはうまくいきません。

お客様はお掃除を我社にどうして依頼しているかを考えるのです。

キレイにして貰う為にプロにお願いしているのに、

自身がなさそうな対応では信頼を失うのは当たり前です。

お客様が望んでいることは何か、問題点は何かを見つける、

それが本当のプロの仕事なのです。

挨拶と笑顔の明るい受け答えをして、お客様にきちんと対応していけば、

そこからコミュニケーションが生まれてお互い共通の話題が広がり、

お掃除に繋がり、喜ばれる仕事が出来て信頼も生まれるのです。

そのことが「作り出す」仕事なのです

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。