お客様の声をきく

「こういったことで困っています」「こうしてほしい」

というお客様の声に、耳を傾けていますか。

まずは、「聞く」ことからスタートです。

耳で聞くのは知ることにつながり、情報を共有できるでしょう。

次は、「訊く」ことです。

口で訊くということで、尋ねてみる、

問いかけながら目的を理解し合っていくことになります。

そして最後は、「聴く」ことです。

耳と目と心を傾けて、全身で聴くことは、考え方、生き方の波長を

相手に合わせることになります。

「きく」ことは、人間関係の基礎を作り上げていきます。

人と人の会話の肝も、話し方にあるように思えますが、

実はきき方にあるのです。

お客様の変化や問題点をそのままにきいて把握し、

より良い案件を提案する。

そのためにも、お客様に重点的に話してもらい、

その言葉の意味と、根底に流れている気持ちを理解するべく、

耳を傾けましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。