(あ)を(お)に変えることで人生が

発することばの「あ」と「お」では

相手の心・自分の心に残るイメージが違ってきます。

「あー」はテンションがさがり精神的な緊張になり、また、不安になります。

「おー」はテンションがあがり、やるぞと言う気持ちになる。

たった あいうえおの「あ」と「お」なのですが他が受ける気持ちが

そして自分の受けも変わるのです。

このことで毎日の行動にも大きく左右されるようです。

「あ」は消極的なことば「お」は積極的な言葉なのです。

「あ」と発した時は顔や表情や身体の動きやテンションがさがり暗い感じになるようです。

「お」と発した時は何か強い気持ちで前に進む感じに。

そして何かに挑戦するときには「えいえいおー」といいますね

この「お」を発する自分に習慣化して行くことが大事。

そうすると自然に人も集まって来て幸せを掴むことができるのです。

「お」は何か人生を成功に導く「お」のような気がします。

いつも私が口にしている言葉は

「幸せは自分で掴むもので他から与えられるものではない」

自分で変わることを自分でやる・・・やってみて下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。