心を磨く

お掃除をしているときの自分は、いつもキレイな気持ちになります。

お掃除をしながら、人を騙してやろうとか、誰かを陥れてやろうなど考えることはありません。

また、人を憎んだりする気持ちになったことはありません。

心を無にして純粋な気持ちで取り組めるのが掃除です。

お掃除は精神浄化作用があるように思います。

とくに、汚いトイレをキレイにすると、気持ちがスッキリし、素直(純粋)な心になれます。

素直(純粋)な心になると、不思議と先のことが良く見えるようになります。

人間が心配のあまり不安な気持ちになり、悩み苦しむのは先のことが良く見えてないからなのです。

素直(純粋)な心になり、先が良く見えるようになると、不安がなくなり、

余計な取り返し苦労をしなくなるわけです。

結果において、心が磨かれるのです。

そんな訳で、掃除は仕事の原点であり、又、人としての心を磨く大事なことのようです。

汚いなど思わず、胸を張ってやりましょう。

まさに、我社の理念「商いを通じて人間成長」なのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。